お家づくり、その前に。

設計士・現場監督ブログ 2019.06.23

お家づくりを考えていらっしゃる方へお勧めしたいのが『完成見学会』。

実際に建てたお施主様邸のご厚意により、お住まいになる前のお家をご覧いただくことが出来ます。

 

夢のマイホーム、とても大きなお買い物であるにも関わらず、

注文住宅の場合は実物を確認してから購入することはできません。

 

ショールームがある場合も、建物自体が大きすぎて分からない、設備が効果で現実味がない、人が住んでおらず生活のイメージが湧きづらい、等いざ自分のマイホームを考えるときに参考にし辛い事も多々あります。

 

一方『完成見学会』では、実際にこれからその土地に、その建物に、暮らす方が考え建てられたお家ですので、自分に置き換えた時もイメージしやすく、具体的な知識やヒントを得やすいメリットがあります。

 

★『完成見学会』に行くメリット

①土地とお家の大きさのイメージを掴める

60坪以上は欲しい」「南面道路の土地が良い」

「車は3台停めたい」「家は平屋で考えたい」

お土地だけを見ても、ここにどのくらいの家が建って、車が何台停まって、庭がどのくらい取れて、お家の中に光がどこから入って…なかなかイメージし辛いですよね。

実際建っているお家を参考に、得た知識や情報をマイホーム計画に活かしましょう。

具体的な広さはもちろん、採光の確保の仕方、プライバシーの保ち方等、実際に生活した際に気になるポイントも直接設計士にお尋ねください。

 

②生活動線や使い勝手のヒントを得ることが出来る

完成見学会をより有意義にするために、自分が住んで生活することをイメージしながら見学することがとても重要です。

自分の考える間取りと照らし合わせることが出来ると、なお良いですね♪

生活スタイルは様々ですので、ご家庭によって間取りで重視するポイント、家事動線、収納量など異なりますが、ご自身の生活スタイルを思い返しつつ、マイホームで必要なポイントをチェックしてみてください。

また、完成したお家は、お施主様のどのような想いが詰まっているのか、ということもポイントです。どのような要望でこのお家が出来たかを聞くことで、目に見えている以上の情報を得ることが出来、自分自身の要望を具現化するイメージも湧くことでしょう♪

 

②建材の素材や使い方を直接確認することが出来る。

注文住宅では、使用する建材の種類や、使用場所を細かく決めてきます。

お好きなスタイルに合わせてご提案いたしますので、ご自身のマイホームで使いたいものがそのまま使われている訳ではありませんが、実際の素材の質感や色の具合、触り心地を体験することが出来ます。

家具ひとつにしても、フルオーダーで造り付けていたり、既製品を上手に使って節約していたり…家づくりのヒントが盛り沢山です☆

*ちょっとだけ豆知識*アーキハウスは飽きのこない、「ちょっとかっこいい家」をご提案します。こまか~い部材にもこだわっておりますので、是非完成してお家で発見してみてくださいね。

 

 

★『完成見学会』のデメリット

①自分の好きなテイストではないと参考にならない気がする…

お好きなテイストも千差万別。開催される見学会がお好みと合わないこともありますよね。

だからと言って行かないのは勿体無い!是非一度足を運んでみてください。

上述したように、お土地とお家の関係性や、生活動線の工夫が確認出来ますし、自分の好きなスタイルとは異なるお家も見てみることで、新たな発見があるかもしれませんよ☆

アーキハウスはお客様の寄り添ったご提案をしておりますので、お家ひとつひとつが全く違うカラーに仕上がります。是非色々なお家に足を運んでみてください(^^

 

②家族で行きたいが、こどもが退屈しそう…

じっくり見られたいご夫婦と、早く遊びに行きたいお子様、なかなかゆっくり中を見たり話を聞いたりすることが難しいですよね。

アーキハウスでは保育士がおります!お子様にも楽しんでいただきつつ、心ゆくまで見学会をお楽しみください。

 

 

是非、家づくりのヒントを得るために『完成見学会』へ参加してみてはいかがでしょう?

頭の中に“イメージ”していたものを実現するためのヒントがそこにはあります♪

 

今回、オーナー様のご厚意により6/21()7/15(日・祝)までの約1ヶ月間、

お住まいになる前のお家をオープンハウスとしてお借りすることになりました!!

(詳しくはインフォメーションをご覧ください☆)

是非この機会に皆様にもお家づくりのヒントを見つけてもらえると嬉しいです♪

 

『無料相談会』の予約をしたいのですが…

『完成見学会』の予約をしたいのですが…

お気軽にお問い合わせくださいね。

スタッフ一同お待ちしております(^^)

 

設計・碇