お家時間

設計士・現場監督ブログ 2020.05.17

こんにちは、設計・・・もの好きおじさん むたぐちです。

皆が窓開けて気持ちが良さそうな感じの5月にもうすでに「暑さ」を感じる先取りの暑がりさんです。

なかなかのお出かけ自粛のご時世が続いています。

が、しかし個人的には敷地内の引きこもりが多い僕はめちゃくちゃ我慢しているかというとそうでもないような・・・

子供はお出かけしたいスイッチが入りっぱなしですが(笑)

庭があってよかった。

こいのぼり一つでしばらくもちます。

 

僕がよく行くところ「ハンズマン」

行きたいところ「ハワイ」

 

奥さんと奥さん先輩から、

「ハンズマンかハワイしか言わないよね。」と言われ

ぐうの音もでないどころか、その通りだと思って笑ってしまいました。

 

さて、そのハンズマンに何しに行くかというと

何かするときの材料、道具を買いによく訪れます、店員さんに質問しなくても商品の場所がわかるようになってきました。

 

そして今回のお家時間は「金継」

なんだろう、それ? と思う方も多いかと思います。

簡単に言うと割れた陶器を直して使うぞ!

というやつです。

 

陶器の器が好きなのですが、我が家にはこぞうさんと、こむすめさんという怪獣が2匹もいます。

必然と器たちの寿命は短くなるようです。

 

それを「漆」をつかってひっつけて、もう一度使えるようにしようというやつです。

初めて直したお皿

初めて使ったその日に一度寿命を終えました(笑)。

 

今回、直したお湯呑み

 

割れた時のショックは大きいですが、

直してみるとこっちのほうがカッコいいような気がしてくるから不思議です。

なので、割られても自分で割ってもおおらかな気持ちで受け止められます。

 

がしかし、まだ途中のものが残っています。

いつなのか?

というプレッシャーはさらりと受け流しましょう。

 

ここで、自分の書いているブログを見返すと、

仕事のことを何も書いていないことに気が付きました。

ちゃんと仕事も楽しんでいます。

 

洗面台計画

アナログなのでなにか考えるときは紙と鉛筆です。

どうしたら、すっきりと使い勝手が両立できるか考えるのは楽しいです。

 

そんな時、役にたつのが「この子」

高さ感覚が一発でわかる。

アーキハウスの各店舗に隠れて?いますので見つけてみてください。

 

次回は、はじめてやってみた。です。

では、また。