ついに

設計士・現場監督ブログ 2017.11.13

 

こんにちは。設計アシスタントの丸山です。

久しぶりの更新となりすみません。

 

久々のブログということもあり、この期間に私の私生活に変化が訪れよとしていますので、そのことを書こうかと思います。

 

タイトルにも書いたとおり、ついに

22歳にして、やっと一人暮らしが始まろうとしてます。

 

えぇ、別に実家を出たくないとかじゃないですよ。 これだ!というのがなかなか見つからず今になっただけですよ。

…本当ですよ ?

 

お部屋探しも諦めムード、飽きてきた頃に見つけまして、すぐさま不動産会社さんに連絡しました。

 

どうですか?

構造体むきだしです。

 

 

天井も床(床は一部あります)も貼ってないので、下は土間、上は配管と断熱材が見えています。

 

かっこいいでしょう?

 

 

普通の賃貸だと壁に穴を空けたり、タイルを貼ったり、床を貼ったり剥いだり、なかなか自由にいかないことが多々ありますが、この物件はリノベーション自由なのです。

 

大家さんの話だと、珪藻土の壁だったり、ヘリンボーンの床だったり、ここに住まわれている方々は色々なことをされているようです。

 

大家さんからは、建築士を目指す人が住むなら、これからの変化が楽しみです。と言われて、さっそく少しプレッシャーを感じてはいますが、私自身もこれからが楽しみで仕方ないです。

 

 

 

とはいえ、何から始めようか。

とりあえずはこのまま、気に入っている土間の生活をしていきたいと思います。

 

今度ブログでお会いする際は少しだけ変化しているかも知れませんね笑