一番大切なのは、設計士と直接話をすること。

メリットその1 設計士と直接相談し、
一緒に考えます。

設計士と話をすることなく家を建てるというのは、
お医者様と話をすることなく手術をするようなもの…。
ちよっと恐ろしい話です。家を知り尽くした設計のプロと直接打ち合わせができるからこそ、断熱性や耐震性・メンテナンス性なども考慮した、
住みやすくてちょっとカッコイイお家づくりができます。

メリットその2 設計士と土地選び

土地選びは家づくりにおいてとても重要です。
土地選びは、設計士にお任せください。
設計士の視点で土地を見て、どんな間取りにできるか?をお伝えします。

メリットその3 私達設計士は
ここ
までやります。

  • ①ローンのこと
  • ②申請閱係
  • ③土地選び
  • ④家具選び
  • ⑤見積もり
  • ⑥人生相談

メリットその4 材料仕入、工事、リフォームも
すべて自社で行います。

  • ①自分達が設計したものを自分達の手で責任を持って施工
  • ②スタジオや現場で監督と直接打ち合わせ
  • ③より安く、より安心できる材料を全国から直接仕入れ

メリットその5 営業マンもモデルハウスもありません。
その分コストカットを図ります。

営業マンの人件費や豪華なモデルハウスの建設費や維持費、展示場の出店賃料など、
見えないところで大きな金額が、お家の本体価格に含まれています。
それら全てを力ットすることで、よりコストパフォーマンスの高いお家をご提案できます。

デメリットとアーキハウスの対応

デメリットその1 極端なデザイン重視の建物は設計しません。

風通しや光の計画、断熱性や耐震性・メンテナンス性は必要不可欠な要素と考え、自信をもっておすすめできる範囲でご提案いたします。特殊な構造や作品のようなお家をご希望な方は建築 家の事務所をご紹介いたします。

デメリットその2 設計のご依頼が集中すると対応が出来ません。

少人数でやっていますのでお急ぎのご相談については、お断りさせていただく場合がございます。
アーキハウスでは各担当者1ヶ月で1棟までとさせていただいております。

デメリットその3 資料のお届けは郵送もしくはメールでのやり取りが多くなります。

営業担当者がいないので、資料のお届けは郵送もしくはメールでのやり取りが多くなります。
近くに寄った際には、極力お伺いするように致します。

デメリットその4 完成見学会や住宅雑誌を見ながらの打ち合わせとなります。

常に見られるモデルハウスはありません。商品カタログや豪華なパンフレットもありません…。
完成見学会や住宅雑誌を見ながらの打ち合わせとなります。