設計・デザイン担当

秋本 健太郎

Kentaro Akimoto
熊本県熊本市出身
熊本県立濟々黌高等学校卒
熊本大学大学院自然科学研究科建築学専攻卒

アソビゴコロのある家作り

小さい頃からモノづくりが好きで将来は「何かを作る人」になりたいなと漠然とした夢を持っていました。具体的に建築の道に進もうと決めたのは大学進学のときです。いろいろな職業について調べていく中で目にした設計士の描く図面が凄くかっこ良く、私もこんな図面を描けるようになりたいと思った事がきっかけでした。

大学に入ってからは建築について学び、大学院では住宅の実施設計の助手や黒川温泉で温泉組合の方達と黒川温泉の町並み景観について研究していました。研究室の教授が請け負われたお客様邸の図面を描かせて頂き、その現場が進んでいく中で自分の描いた図面が形になっていく喜びと難しさを学ぶ事で、この仕事に対する魅力がより一層強いものになっていきました。

アネシスに入社して15年、設計担当として数多くのお客様の家作りに携わらせていただく事により様々なタイプの間取りを経験させて頂きましたので、どんなご要望にも一通りお応えできる自信はあります。その中でもあえて挙げるとすれば、ビルトインガレージのある家のようなアソビゴゴロのある家が得意分野です。

私の趣味がバイクということもあり、ガレージをご要望されるお客様の担当をさせて頂く機会が多く、気が付いたら社内でもガレージ=秋本担当みたいな形になっていたこともあるのですが。ガレージに限らず中二階のある家や広い土間のある家、水槽を壁に埋め込んだ家などちょっとほかの家とは違った家づくりが大好きです。せっかく造る家なので楽しく造りたい、どこかにそのアソビゴコロを入れることで魅力的な家造りができればといつも心がけています。

私と一緒にアソビゴゴロのある楽しい家造りをしてみませんか。