図面作成 兼 申請担当

丸山 義童

MARUYAMA GIDOU
熊本県熊本市出身
熊本工業高等学校建築科卒
熊本デザイン専門学校建築 インテリアデザイン科建築専攻卒

お客様と設計士、お客様と家との最高の繋ぎ手でありたい。

設計士を目指し、現在は図面作成兼申請担当として、設計士のサポートをしています。
例えば、家一軒を建てる場合、作らなくてはいけない設計図面は数十枚になります。同じ建物でも違う角度から見た図面、一部を拡大して細かい詳細を書いた図面など、一つの建物の中でも図面の種類、描かれ方は多種多様です。大工さんや仕入れ業者さんの仕事は図面を基に進んでいきます、私が間違えると工事に大きなロスを出すことになります。たった数センチと言えど、重要な数センチ。小さな一箇所と言えど、大切な一箇所。お客様と設計士の夢や想いが詰まった大切なプランです。間違えの無いよう、一つ一つを丁寧に且つ迅速に仕上げます。建築士を志したのは小学4年生のときです。小さいころは、建築物をアスレッチック感覚で駆け回っていました。こんな遊具が作りたい!という思いから建築に興味を持ち、成長するにつれ建築に対するイメージが大きく変わっていきましたが、建築を好きな気持ちは変わりませんでした。
中学、高校、専門学校と進学するにつれ、思い描いていた建築の中での生活が現実に近づいていき、今は建築に携われることを幸せに感じます。

様々な想いの反映されたプランを幾つも目にする事が出来る今の環境。なぜこの間取りになったのだろう、なぜこの仕様になったのだろうと、常になぜ?と考えながらより多くの知識を習得していきたいと思います。そして、知識をつけたのなら、そのままでは意味がありません。知識から”知恵”に変えることで本当の意味で成長すると思います。私がいつか設計士としてお客様とお話をさせて頂く機会がありましたら、それまでに貯えた知識を存分に知恵に変えてお話しをさせて頂きたいと思います。それを目標に今は知識を貯えながらスーパー設計アシスタントを目指して、お客様の家づくりを陰ながらお手伝いしたいと思います!