シンプル×Wデッキ×平屋の家

玉名市

ミカン畑だった土地を利用して生まれた平屋。高台に面したウッドデッキは花火大会の特等席になっている。敷地をどう生かすか、要望をどう叶えるか、約1年間掛けて丁寧につくりあげたこのお家。シンプルさにとことんこだわり抜いたホテルライクな空間。

真っ白の壁と無垢床のコントラストがとてもきれい。カーテンもシンプルにこだわりレースカーテンのみ。
外観も白くシンプルに。玄関ドアも究極シンプルにこだわった。アプローチに植えた大きなシンボルツリーが心地よい。
玄関を入ると正面の大きな窓越に中庭が。玄関タイルは50cm角のものを採用。部屋を狭くしても玄関は広くしたかった、と口をそろえるご夫婦。
取手も段差もないオーダーの食器棚。中にも棚を作り付け収納力満点。
和室に設けられた地窓からは中庭が見える。