黒ガルバと木の温もりを感じる家

熊本市南区

スタイリッシュなガルバリウム外壁の外観。シンボルツリーが出迎えてくれるエントランス。これから10年、20年と時を経ても美しい、そして経年美を考えた素材選び。優しく繊細で、穏やかに家族の暮らしを包み込む。

キッチン側面には本棚を設計。絵本を読むお子様を料理をしながら見守る。
設計士とともに選んだソファ。飽きのこない美しいデザイン。
テレビ後ろのアクセンウォールもお気に入り!
子ども部屋と寝室の間に設けたロフト兼書斎。お子様の遊び場に。
たっぷり収納が嬉しい、ウォークインクローゼット。
憧れのウッドデッキは、手入れをしながら育てる本物の木を。